サイト紹介

  
琵琶湖

関西に遊びに行くとなると、すぐに思い浮かぶのは大阪や京都、兵庫の三都市だと思います。ちょっと忘れられがちな滋賀県ですが、滋賀県のシンボルでもある琵琶湖は語りつくせない魅力がたっぷり詰まった観光スポットだなんです。

日本最大の湖である琵琶湖は、その大きさを生かして湖の周囲でツーリングもできますし、湖畔でキャンプもできます。湖水浴はもちろん、釣りやカヌーなど様々な水上レジャーを楽しむことができ、夏に遊びに行くにはぴったりのレジャースポットです。

大阪や京都や兵庫は充分堪能した!という県外の人や、関西に住んでいる人のどちらも充分に楽しめると思います。もちろんわいわいと楽しく琵琶湖を堪能するのも良いんですが、雄大な自然に囲まれた琵琶湖ならではのちょっと大人な楽しみ方もおすすめです。

クルージングで美味しい料理を味わいながら流れる琵琶湖の景色を堪能するもよし、実は沢山あるパワースポット巡りなんかも良いですね。季節によって全く違う琵琶湖の顔も見ることができますよ。関西という括りでは中々スポットは当たらない琵琶湖ですが、実は魅力が沢山。

このサイトではまだまだ知られていない琵琶湖の魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

琵琶湖について

  

日本最大の湖である琵琶湖には約460本の河川が流れ込んでいて、琵琶湖の水は約1400万人の飲料水として使われています。琵琶湖の歴史は古く、約400~600万年前に形成されたと言われていて、万葉集には琵琶湖を詠んだ歌も収められています。

そんな歴史のある琵琶湖の底には丸太で出来た舟やつぼなどが埋まっていて、そこで暮らしていた人の面影を感じさせます。琵琶湖の中には約1100種類の生物が生息しています。なんとそのうちの61種は世界の中でも琵琶湖にのみ生息している生物なんだとか。

実は琵琶湖はとても沢山の水鳥が訪れる飛来地としてラムサール条約の日本でも有数の登録湿地なんですよ。また、雄大な景色も魅力で、夕暮れ時の景色は特におすすめです。比叡山に夕陽が沈み始める頃、琵琶湖はまるで空と湖が交じり合ったような神秘的な空間になります。そんな姿もあってか、最近ではパワースポットとしても人気を集めているんです。

パワースポットとされる場所はいくつかありますが、中でも竹生島が密かに人気を集めています。竹生島は琵琶湖の北部に浮かぶ小さな島で、島の中には西国三十三所観音霊場にもなっている宝厳寺があります。願いを書いた紙をおさめて鳥居をくぐると願いが叶うと言われているパワースポットで、あの江ノ島・厳島と並んで三大弁才天と呼ばれ、秘境100選にも選ばれています。

カヌー

  
     カヌー

滋賀県、といえば琵琶湖と言えるほど琵琶湖は全国的にもとても有名な観光地です。
日本の中で一番の大きさを持つ湖で、水は透き通っていて美しく晴れた日には空と湖の境界線が消えて一つに見える、そんな場所になっています。
そんな琵琶湖で遊ぶなら、最高に思い出に残る体験がしたいですよね。
今回ご紹介したいのは、カヌーです。
カヌーとは、海や川、湖の上を移動したり、遊ぶために乗る小船のことです。
カヌーを大きく分けるとカナディアンカヌー、カヤックの2種類があります。
どちらも似たようなものに思えるのですが、パドルと呼ばれるオールの種類が違います。
カヌーでは、シングルブレードという片方だけにへらの付いたものを使いますが、カヤックではダブルブレードという両方にへらが付いているものを使うのです。
ただ、どちらも結局は同じカヌーなので、体験できる場所によっては、へらが1つだったり2つだったりとばらばらです。
初めてカヌーを体験する、という方のために琵琶湖周辺では様々な体験を行っています。
初心者に激しい波はとても危険なので、ゆるやかに流れる湖は最適な場所になっているんです。
どの体験にしても、しっかりと指導員が見ていますので安心して体験に臨むことができますよ。
また、カヌーは1人乗りのイメージがありますが2人乗りや10人を超える大人数で乗ることもできるんです!
やってみると意外と体力がいるのですが、風を感じながら、水がはねる音を聞きながら漕いでいくのはとても気持ちいいんです。
友達や、恋人同士で乗ると仲が深まって最高の思い出になりますので、ぜひ体験してみて下さいね。

パワースポット

  
     パワースポット

琵琶湖と言えば夏になるとキャンプやバーベキュー、ウォータースポーツを楽しむために沢山の人が集まる人気のレジャースポットです。
でも琵琶湖にはそういったレジャースポットとしてだけではなく、
琵琶湖では遊んでみたいけど、みんなでワイワイはしゃいだり、スポーツをしたりするのはちょっと苦手と言う人にも楽しめるような魅力があるんです。
琵琶湖には全国的にも有名なパワースポットがあることを知っていますか?
琵琶湖の北部には竹生島という無人島があります。
竹生島は交通安全の神様、商売繁盛の神様、産土神を祀る神社があり、あの江ノ島や厳島神社と共に三大弁財天とされています。
竹生島は琵琶湖に浮かんでいるため船でしか辿り着くことができませんし、神社へ続く道は傾斜の急な山道になっているので、そこまで辿りつく難しさがよりパワースポットとして希少価値を高めてくれている気がします。
竹生島神社の本堂には笑顔の弁財天が描かれた真っ赤なだるまがいくつも並んでいます。
これは「幸せ願いだるまさん」と言って、だるまに自分のお願い事を書いて奉納すると願いが叶うと言われています。
島全体が神社のような神聖さを感じさせるパワースポットです。
また、琵琶湖には他にも「白髭神社」と言うパワースポットがあります。
白髭神社は延命長寿の神様を祀っていて、の鳥居は琵琶湖の中にぽつんと浮かぶようにして立っていて、近江の厳島神社とも呼ばれています。
この白髭神社の社がある背後の山には古墳群があり、その中の1つの横穴式石室が白髭神社の岩戸社として祀られています。
古墳を岩戸社として祀っている神社というのはとても珍しく、琵琶湖に浮かぶ鳥居も神秘的なことから、パワースポットとして人気を集めています。

花見

  
     花見

琵琶湖にある海津大崎はさくらの名所100選に選ばれるなど絶好のお花見スポットとして人気です。
お花見の名所は全国各地にありますが、中でもこの海津大崎は琵琶湖ならではのお花見ができるんですよ。
海津大崎には数百本の桜の木があり、春になるとその向こうが見えなくなるほど辺り一面桜景色になります。
そんな膨大な数の桜が、琵琶湖の湖面に映し出されるとまるで足元まで全て桜の絨毯が敷かれているかのような絶景になるんです。
また、琵琶湖には各所にちょうど良いサイズの岩があります。
この岩に座ってお弁当でも食べながら琵琶湖と桜を楽しむというのもおすすめです。
風が吹くと桜が舞って、波打つ湖面に降り注ぎます。
春の暖かい風と素晴らしい景色の中で食べるお弁当はたとえコンビニのものであっても絶品に感じるに違いありません。
琵琶湖にはクルージングを楽しめる遊覧船もあるので、ちょっとリッチに湖上からのお花見と言うのも素敵ですよね。
ゆっくり琵琶湖を進む船の上で美味しいお酒でも飲みながらお花見を楽しめば日頃の疲れなんてあっと言う間にふっ飛んでしまいそうです。
そんな優雅なお花見も琵琶湖ならではの魅力ですが、特におすすめなのはちょっとアクティブなお花見!
琵琶湖周辺はサイクリングコースにもなっているので、レンタサイクルを借りることができます。
海津大崎の最寄のJRマキノ駅でもレンタサイクルを借りることができるので、是非サイクリングをしながらお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。
なんと24時間で1000円と言うお手頃価格!
舞う桜の花びらを浴びて湖の音に癒される…こんなお花見が楽しめるのは琵琶湖ならではですね。

ミシガンクルーズ

  
     ミシガンクルーズ

ミシガンクルーズは琵琶湖を代表する遊覧船「ミシガン」に乗って琵琶湖の南湖を周遊するツアーです。滋賀県がアメリカのミシガン州と有効姉妹都市であることからミシガンと名付けられました。

Continue reading

バス釣り

  
     バス釣り

花火大会などで有名な琵琶湖ですが、実はバス釣りでも有名なんです。バス釣りには「おかっぱり」と呼ばれる陸地から釣り上げる方法とボートを使って釣りを行う方法があります。

Continue reading

キャンプ

  
     琵琶湖キャンプ

琵琶湖でのキャンプの魅力は何と言っても湖が近いこと。琵琶湖は塩水ではなく淡水なのでベタつかず、水量も安定し、水質もいいので大人気の湖水浴スポットです。

Continue reading

ウォーターチューバー

  
     琵琶湖ウォーターチューバー

2016年、なんと琵琶湖にウォーターチューバーが登場しました。ウォーターチューバーとは特製のチューブの形をしたバルーンの中に入り水上を走ったり転げまわったりする人気レジャーです。

Continue reading